07
INTERVIEW

鈴木 啓生

YOSHIO SUZUKI

総務部/2017年4月入社
総務担当

鈴木 啓生

入社の決め手は、嫌なところがなかったこと。社内がきれいで、事務所に活気がありました。

専門学校で経理を学んだ私は、就職に際しても、それ以外の選択肢はありませんでした。相双地区では男性事務職の求人が少なかったため、先生に頼んで探してもらい、いくつか見学した中のひとつがメイワでした。決めた理由はシンプルです。「会社がきれいだったこと」。建設会社には雑然としているイメージがありましたが、清潔な事務所は活気があり「なんとなくいいなあ」と思いました。

まだ入社2年目ですが、時々、現場の人たちから、本来の仕事とは別に、「こういう感じの資料を作ってくれないか?」と名指しで頼まれることがあります。ミスをする人には頼みたくないでしょうから、「信頼されているんだな」とうれしくなります。

たとえば最近だと、予算と実際にかかった金額を表にまとめ視覚化したものを作りました。その結果、用品購入等の判断資料となり、経費節減につながりました。

「人と人」「昔ながらのやり方と新しい提案」という2つの異なる意見を取り持ち、仕事を進めやすくする緩衝材でありたい。

今は出勤状況等を視覚化し、情報を皆で共有できるシステム作りに取り組んでいます。仕事の流れを潤滑にする「こういうのがあったら便利そうだ」という提案です。

学生の頃から、野球やサッカーなどのチームプレーが求められる競技をやっていたので、ひとりで成果を上げるより、会社が成長していけば「それでいいじゃん」と思うのです。「現場サイドと経理サイド」とか「昔ながらの方法と新しい意見」といった異なる意見の間に入ることで、やり取りがスムーズに運び仕事が進めやすくなる、そんなクッションみたいな存在になれればと思っています。

鈴木 啓生

社内は、違う部署の人とも気軽に情報交換できる雰囲気があります。残業が少ないことも気に入っています。

社員の仕事は様々です。木を切る人・基礎を作る人・鉄塔に上る人・鉄塔を見守る人……それぞれの間に垣根がなく、「この現場ってどんな感じ?」「そこはね……」といった会話が飛び交い、頼みごとがしやすい雰囲気があります。

また残業が少なく、趣味に時間が使えるのも気に入っている理由のひとつです。退勤後、毎日の様にサッカー・フットサル・バレーボール・ゴルフのどれかに興じる私は、周囲から「趣味のために働いているでしょ」とからかわれています。

社長は話題豊富で、サーフィン、カメラ、料理等、どんな話題を振ってもくわしく、気さくな方です。私は今度、かっこいいカメラを買うので、写真サークル設立をお願いしてみようかな……と密かに考えています。良い写真が撮れたら、編集を任されている会社のブログにもアップしたいと思います。

エントリー&お問い合わせ

RECRUIT MEIWA

応募フォーム若しくは、電話、郵送によりエントリーしてください。
追って、こちらよりその後の選考日程をお知らせいたします。