入場券

昨年12月にチラシを見て

観覧希望の応募ハガキを送り

1月に当選のハガキが届きました

 

 

 

 

みやぎ蔵王

1月26日 当日

12時開場なので早飯を食べて蔵王町ふるさと文化会館へ…

11時半頃についてのですが既に行列でした

全席自由席だったので12時の開場後、一斉に席取り開始

 

 

 

 

町長挨拶

 

 

 

 

 

 

 

中央付近に着席した頃、ステージ上でスタッフが準備を始め

開始10分前から蔵王町長挨拶

観覧600人募集のところに1000人以上応募
鑑定依頼6人募集のところに100人以上も応募

有難うございましたと言っておりました。

予想外の人数でした。

前説

 

 

 

 

 

 

 

次に観覧の仕方についてスタッフの説明を受け、

電波が撮影機材に影響するので携帯電話に電源を切ってほしいとの事。

そして会場内全員の電源を切ったことを再確認されました。

なので本番の写真撮影は出来ませんでした。

司会も鑑定士も誰かは知らされないまま、突然開始の音楽。

司会の原口が登場すると、早速ものまね披露。

会場を爆笑の渦にしてからテレビ撮影開始

舞台脇に設置してある大きなスクリーンで

撮影画面を確認できました。

本日の鑑定士

 

 

 

 

 

 

司会は 原口あきまさ 

鑑定士 阿藤芳樹 先生 

鑑定士 山村浩一 先生 

鑑定士 北原照久 先生

話好きで話が止まらない依頼人、

酒に酔ったままの状態で出演する依頼人、

自身満々で鑑定してもらったが結果が千円の依頼人、

たまたま貰った物が実は高額の物だった依頼人とか

話術が達者な依頼人達、まるで司会者との漫才を見ているようで、

2時間の予定が時間は20分超過。

あっというまに笑いの時間が過ぎ去りました。

 

お土産

 

終わってから、蔵王町職員がチーズ飲料のモルクと蔵王の水を全員に配っていたので頂きました。

 

 

 

 

 

 

テレビの放送は東京が4月で、宮城県はまだ未定だそうですが、面白いので見て下さい。

㈱メイワ 草川 栄光